EKB365

猫と暮らした日々。 飯を食う日々。 酒を呑む日々。 本を読む日々。 音楽を聴く日々。自転車に乗る日々。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

出世花 / 田郁

syussebana.jpg

妻敵討ちの武士が江戸で行き倒れていた。
看取ったのは「墓寺」といわれる幕府に認めれていない葬祭専門の寺「青泉寺」の住職たち。
そして、残された娘お艶。

「艶」から「縁」へ名前を改めた少女が「三昧聖」となって、黄泉に旅立つ人間を優しく送り出す、時代版「おくりびと」。


いや、「おくりびと」って観てないんですけどね。


田郁の時代小説デビュー作(たぶん)。
表題作がなんかちょっとした賞を貰ったらしくて、それを元にした4編の連作短編集。
表題作以外は後の付け足し感が若干あり、そこが残念。


その後に書かれた「銀二貫」や「みをつくし料理帖シリーズ」に比べたら若干甘いような気がしますが、実質デビュー作と考えれば許せる範囲でしょう。

ただ、この作者の作品で一番最初に読んだのがコレだったとしたら、その他の作品を読まずに終わってたかもしれません。

この作者の他の作品にはまってから、「おさえ」として読む作品だと思いますた。

スポンサーサイト
  1. 2011/03/21(月) 22:04:24|
  2. 本を読んでみる
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<相変わらず仲が良いのか悪いのか。 | ホーム | 祈る。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mieyangkoharu.blog37.fc2.com/tb.php/1398-9c607e4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

只今のお時間

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 |08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

戯言を言ってみる (248)
小春と(で)遊んでみる (951)
食ってみる呑んでみる (602)
本を読んでみる (111)
音楽に浸ってみる (56)
出かけてみる (94)
欲しがってみる (110)
写真を撮ってみる (49)
みい散歩 (21)
チャリ散歩 (49)
ぱおんを探してみる (15)
未分類 (0)

プロフィール

みいやん

Author:みいやん
なんとなく

ただなんとなく

なんとなく

検索フォーム

RSSリンクの表示

今までのお客様

現在のお客様

総記事数

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。