EKB365

猫と暮らした日々。 飯を食う日々。 酒を呑む日々。 本を読む日々。 音楽を聴く日々。自転車に乗る日々。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

20130126今日の晩御飯

先週末のある方のFBを見てどうしてもグラタンが食べたくなったので。

・鮭とほうれん草のグラタン

 レンジでチンしたジャガイモとフライパンで焼いた鮭をグラタン皿に。
 オリーブオイルでタマネギ炒めて小麦粉入れて炒めて牛乳でのばしてホウレン草としめじを入れ、コンソメ塩胡椒で味付けしたものをグラタン皿に。
 チーズとパン粉をのせてオーブンで焼く。
 イタリアンパセリ振る。

・コールスロー

 キャベツ人参タマネギを塩マヨオリーブオイル酢バジルタイムで和えてしばし放置。
 器に盛ってプチトマ。

・ブロッコリーアスパラプチトマトのオリーブオイル炒め

RES08669.jpg
スポンサーサイト

テーマ:グルメじゃない料理日記 - ジャンル:日記

  1. 2013/01/26(土) 20:12:31|
  2. 本を読んでみる
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

花世の立春~新・御宿かわせみ3 / 平岩弓枝

RES08548.jpg

明治の「かわせみ」も三冊目。
いよいよ子供が結婚するようになっちまったか…。

ただ、登場人物の名前が「○太郎」ばっかりで、酔っ払って読んでると紛らわしいんだよなぁ。
麻太郎・源太郎・宗太郎はレギュラーだから今更どうにもならんけど、一作こっきりの登場人物まで○太郎にしなくてもいいんじゃないかと。
  1. 2012/12/22(土) 07:57:49|
  2. 本を読んでみる
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

悲華 水滸伝(全五巻) / 杉本苑子

RES02834.jpg

水滸伝としては、読むのは「吉川水滸伝」「柴練水滸伝 われら梁山泊の好漢」「北方水滸伝」に続く4作目。
そして、「招安後」を描いた水滸伝は初めて。

おぉ、北方水滸伝はこのエピソードを元にしてたのか、的な発見多し。

でも、「招安後」の水滸伝は何やら悲しく、例えて言えば関羽が死んでしまった後の三国志のような。
  1. 2012/12/21(金) 22:40:31|
  2. 本を読んでみる
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

天女湯おれん~これはじまり / 諸田玲子

RES02835.jpg

諸田流エロ小説(?)「天女湯おれん」の続編。
というか、時代的には「天女湯おれん」の前編。
つまり、おれんが何故「天女湯」の女主になったのか、というお話。
前作よりもエロ要素は少なめです。
  1. 2012/12/21(金) 22:34:06|
  2. 本を読んでみる
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

なでしこ御用帖 / 宇江佐真理

「なでしこちゃん」と呼ばれる町医者の娘お紺。その渾名とは裏腹に大酒飲みの捕物好き。
というのもお紺の祖父はあの「斬られ権佐」だったから。

という事で、切られ権佐も合わせて読み直し。

相変わらず素敵なお話を書く作家さんなのです。

RES08472.jpg
  1. 2012/12/15(土) 22:05:29|
  2. 本を読んでみる
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

只今のお時間

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 |10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

戯言を言ってみる (248)
小春と(で)遊んでみる (951)
食ってみる呑んでみる (602)
本を読んでみる (111)
音楽に浸ってみる (56)
出かけてみる (94)
欲しがってみる (110)
写真を撮ってみる (49)
みい散歩 (21)
チャリ散歩 (49)
ぱおんを探してみる (15)
未分類 (0)

プロフィール

みいやん

Author:みいやん
なんとなく

ただなんとなく

なんとなく

検索フォーム

RSSリンクの表示

今までのお客様

現在のお客様

総記事数

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。